主な活動

学校薬剤師

学校薬剤師について

幼稚園、小学校、中学校、高等学校には、学校医、学校歯科医と共に、学校薬剤師を必ず置くことになっています。(学校保健法第16条)

学校薬剤師の主な仕事内容

1.『学校環境衛生の基準』に添って環境衛生について指導と助言をします。
2.学校の飲料水、プール、給食、照明、空気、換気、騒音等について検査します。
3.学校で使用する医薬品の管理について指導と助言をします。
4.「薬物乱用防止・禁煙・エイズに関する啓蒙活動」「薬の正しい使い方の教育」に協力します。
5.学校保健委員会に参加し、安全計画の立案に協力します。
6.学校外では「3歳児健康診査」などにも出務し、明石市の事業にも協力します。

学校環境衛生について

飲料水 飲料水が水質基準に適合しているか検査します。
プール プール水の水質と附属施設・設備の管理状況・衛生状態について検査します。
給食 給食施設の管理状況・衛生状態について検査します。
照度・照明環境 教室などの明るさやまぶしさなどの検査をします。
空気・換気 教室の空気温度、湿度が適当であるか、炭酸ガスなどで空気が汚れていないかを検査します。またシックハウス症候群の原因である、ホルムアルデヒドやトルエンなど揮発性有機化合物について検査します。
保健室の寝具、カーペットなどのダニおよび ダニアレルゲンについて検査します。
騒音 勉強の妨げになるような「騒音」があるか検査します。
学校給食室の衛生検査 調理台
学校の給食室の衛生検査 調理台
学校の給食室の衛星検査 調理器具
学校の給食室の衛生検査 調理器具